Hisaharu Motoda exhibition in Tokyo

motoda-web


hpgrp GALLERY東京では初個展となる元田久治の新作展をご案内致します。
元田は東京のランドマークである東京タワーや国会議事堂、または東京を象徴する
銀座や渋谷といった都市風景を廃墟として描く作品を発表しています。
私達は見慣れた風景を当たり前の日常として、あたかも不変的な事象として捉えがち
ですが、実はそれらはとても儚く、明日もそこにあるかどうかは誰にもわからないものです。
2001年9月11日、NYのワールドトレードセンターは一瞬にして消えてしまいました。
しかし、はたして元田の作品で描かれる廃墟は、破壊や崩壊と言ったネガティブな
ものなのでしょうか。既存の価値観から新たな価値感、新たな世界へと変貌を遂げる、
建設的な一過程かもしれません。荒廃した風景の中の僅かな緑は、まだそこに時間が
流れ、希望があることを伝えているようです。明日もそこにあるかわからない不安と、
未来への憧憬とが混在する元田久治の新作展、この機会に是非ご高覧ください。

オープニングレセプション:2009年7月31日(金) 19:00~21:00

Hisaharu Motoda Exhibition
July 31st (Fri) – Aug 30th (Sun), 2009

 We are pleased to announce the opening of the first exhibition of Hisaharu Motoda 
at hpgrp GALLERY TOKYO.
Motoda produces ruined city scape that draws Tokyo’s land marksuch as Tokyo Tower and
National Diet Building, and Ginza and Shibuya where Tokyo is symbolized.
We see the daily scenery as an invariable event. However, they are very transient and nobody can tell if they will exist there tomorrow or not.
World Trade Center has gone on September 11, 2001.
However, ruined images that Motoda paints are really negative? Are they about destruction and the collapse? It might be one constructive process of undergoing transfiguration from existing sense of values to a new value of the new world.Little green in the image is telling us that time still flows and hope is still there. In Motoda’s new body of work, uneasiness and yearning to the future exist quietly.

Opening Reception:July 31st (Fri)7-9PM

Advertisements


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s